私の寂しい髪の毛と「ハゲ治療の病院ランキング口コミ幻想曲」

AGAとは男性型の脱毛症の事を指します。
本来普通の男性ホルモンであるテストステロンが加齢に伴い減少していき、リダクターゼ5αという酵素の働きでジヒドロテストステロンという男性ホルモンになってしまいます。
どちらも男性ホルモンですがその効果が全く違います。
テストステロンの方は男性器の増大や好奇心を促進させる作用があります。
対してジヒドロテストステロンの方は性欲の減退や体毛の増加、頭部の薄毛や脱毛などになってきます。
このホルモンのせいで男性型脱毛症になってしまうのです。
そして、この男性型脱毛症は進行性の為、放置しておくと、毛の軟毛化や脱毛の増加、そして、薄毛になってしまいます。
そうならない為には早期の治療が必須になってきます。
AGAの治療は自力で治すか、病院に行くかの2通りになってきる、と思う方もいるかもしれませんが、AGAは自力で改善する事は難しいです。
自分でシャンプーと育毛剤やケアを駆使して行う方法なら低コストだから、それでなんとかならないかと思うかもしれません。
しかし、やはり病院での治療を受ける方が確実性は高いものになります。
病院での治療は基本的にプロペシアで薄毛の進行を食い止めてミノキシジルを中心に毛母細胞を活性化して生活習慣の見直し、そして頭皮ケア発毛する環境を整えるという事です。
中にはプロペシアだけを服用する方がいますが他の薬も併用したほうが効果は出やすいです。
40代の男性だけでなく、20代、30代の男性は大体がAGAが原因と言われています。
男性ホルモンが原因である症状に対して、血行を促進させる方法だけをとっていてもあまり効果は期待できないのが現状です。
そして自由診療になる為に保険適用外になります。
そして、先程述べたプロペシアの価格は1錠あたり250円程である事が多く、1ヵ月あたり7500円程になってきます。
しかし他の薬も併用する事が多い為1万円から1500円程かかるのが相場になってきます。
場所によっては自由診療になる為に料金が増減する事が多々ある為に事前の下調べが必要です。
AGAには自分だけで治すのは難しいものがあります。
医師に相談して治す様にする必要があります。