はげの治療をする病院を選ぶ時には何を基準に選ぶべきだろうか

昔から言われているハゲの原因は遺伝だという事、薄くなったらもう治らない等の話もありました。
しかし今では、様々な治療薬や手法が発見されています。
しかし病院の数が多いのと、保険が適用されるのかどうかなど疑問が多い筈です。
まずは薄毛治療は自由診療になってしまう為に、保険が適用されません。
しかしそれでも自分の自然な髪の毛を生やしたいのが本音です。
自力で治す事よりは割高にはなりますが何とかして早く治したいでしょう。
しかし病院で治療をするのにはデメリットもあります。
自由診療という事は費用がバラバラである事になります。
そして、治療内容がクリニックごとに違うということもあげられます。
なので、どの病院を選ぶかによって、大げさでは無く今後が変わってしまいます。
何せ病院によって金額も治療方法も全く違う上に短期間で必ずしも治るわけではないのです。
その為に病院を選ぶのに、大切なポイントが存在します。
1つ目は個人の症状に応じて適切な治療が受けられるかどうかという事、薄毛というのは当然進行状況も頭皮の状態、そして頭部のどこの部分から薄くなっているのかも違います。
それらによって治療方針も変わってくる為に出来れば様々な治療法が出来る病院が好ましいです。
2つ目は無料カウンセリングがあり、料金がリーズナブルである事です。
基本は自己負担な為にやはり料金は安く効果は絶大な事に越した事はありません。
だからこそ最初にせめて、無料カウンセリングを受けて料金の事や今後の進め方をしっかりと聞きたいでしょう。
どうしてもAGAに関しては長期の通院が必要になってきます。
その為に予算もある程度必要になってきます。
場合によっては結果が出始めた頃に予算オーバーになって、通院できなくなる可能性も出てきます。
その為に無料カウンセリングがある所が必須になります。
そして、次に大切なのが多くの実績があるかどうかです。
実績の数が多い程に自分と同じ症状の患者さんを治してきた可能性が高くなります。
過去に同じ症状を治した実績があるなら、自分も治る可能性が高くなります。
その為にAGAの治療実績は大切になります。

○ハゲ体質の遺伝に負けずにはげるのを防止したい
AGAやM字ハゲなどは、遺伝が原因で引き起こされることがあります。
ハゲの遺伝は、男性のみに伴性優性遺伝という形で受け継がれていきます。
両親もしくは祖父母がハゲていれば自分もハゲになる可能性は高いですが、必ずしもハゲるとは限らないとされています。
遺伝するのは体質であって、遺伝要因に環境要因が重なることでハゲとされています。
そのため、防止するためのは、環境要因を小さくすることです。
環境要因には、様々なものがありますが、食生活の不摂生や睡眠不足、ストレス、頭皮環境の悪化、喫煙、男性ホルモンなどが代表的です。
その中でも食事は毎日行うものになるため、比重が大きくなります。
バランスよく栄養を摂取することも大事ですが、食事のリズムを一定化させることでより体内へ栄養を吸収させやすくなります。
厳格にコントロールすることは難しいですが、朝食だけでも一定の時間に食べるように心がけることで、昼食や夕食のタイミングになるとお腹が減るようにリズムができてきます。
また、血行不良を改善することもハゲ防止につながります。
血行不良は、喫煙や運動不足によっても引き起こされます。
そのため、適度な運動を行うことで、髪の毛に繋がっている毛細血管にまで血が十分に行き届きやすくなります。