AGAになって治療のために自毛植毛をする事にしました

中学の同窓会に行ったときに、友人と比べて自分の髪の毛が少ないことに気付きショックを受けました。
誰に何を言われたというわけではないのですが、老けて見られるような気がして、AGA治療を行うことにしました。
額の生え際や頭頂部はすでに髪自体がなくなっている状態だったので、AGA治療を行うクリニックで自毛植毛をすることにしました。
麻酔をするので痛みがなく、植毛してから数か月後には髪の毛が生えてくるようになったので、以前よりも若さを取り戻して自信も持てるようになりました。

○自分がAGAかもしれないと感じた時に
AGAかもしれない、と感じた時どのようにしたらよいか悩みます。
育毛剤を使用してみようかと考えますが、AGAの場合一般的な薄毛とは違うので育毛剤の効果を十分に得ることができない場合があります。
治療としては、ミノキシジルの成分が含まれた育毛剤を使用する、医療機関で薬を処方してもらう、といった方法があります。
ミノキシジルは発毛を促すことができ、気軽に薄毛対策をすることができます。
含まれている量によって価格も異なりますが、量が多い方が効き目も表れやすくなっています。

○若ハゲに悩んで色々と試しましたが、結局はハゲ治療を受けることにしました
10代の頃に比べて、髪の毛の質がごわごわとしてきたと感じるようになり、そのあと、髪の毛が抜けやすくなってしまいました。
額の生え際が後退して、頭頂部も薄くなってしまい、いわゆる若ハゲになってしまいました。
育毛剤や育毛シャンプーを使っても目に見える効果がなかったので、本格的な専門治療を受けることにしました。
医師の専門知識が高いので相談しやすいですし、治療薬を使うようになってから少しずつですが、ハゲが改善されてきています。