薄毛や抜け毛の対策のために生活習慣を見直しました

仕事が忙しくて、深夜にカロリーの高い食事をしたり、慢性的な運動不足が続くうちに肥満になってしまいました。
肥満になると同時に髪の毛が抜けやすくなって薄毛になり、頭皮も脂性になって匂いが気になるようになりました。
周囲からの目も気になったので、薄毛対策をするために生活習慣の見直しをしたところ、体重が減ると同時に体臭も収まり、抜け毛も少なくなりました。
薄毛と生活習慣には密接なつながりがあるとわかりました。

○AGAを治療するための方法は様々で
男性が抱えている深刻な悩みの一つに、AGAがあります。
治療の仕方としては、薬を服用、あるいは塗布する方法と、施術を行うものです。
AGAを招く原因となるDHTの作用を抑える働きを持った薬や、頭皮の血行を良くして、発毛を促進する作用をもたらす薬が開発されており、目だった実績を残しています。
施術をする手法としては、直接、AGA治療薬や栄養分を頭皮に注入するという療法が知られています。
ほかにも、自毛植毛という治療法も注目されています。
残っている髪の毛がある部位を、毛根ごと皮膚を採取して、それを発毛させたい部分に移植するというやり方です。
自毛植毛の場合は自分自身の細胞を移植しますので、皮膚トラブルはほぼ起こらないのが大きな利点です。

○会社でのストレスと酒の飲みすぎでハゲてきて
会社で上司から常にいびられるせいかストレスを感じてしまい、家に帰ると酒ばかり飲んでいました。
その2つの影響か、私の頭の毛が抜けてきてハゲが目立つようになりました。
私の状況を両親に心配されたので、病院の精神科へ相談に行きました。
医師は私の話を聞くと、私のハゲの原因は会社のストレスとお酒の飲みすぎによるものですと言いました。
さらに、その治療には2つの原因を回避する必要がありますと言うので、何とかやってみますと答えました。
私は上司の行動を社長に報告すると、社長は上司に対し処分を下しました。
軽い処分ではありましたがそれ以降、私には何もしてこなくなりました。
そして、お酒も飲まなくなったせいか、私の頭のハゲている部分に毛が生えてきました。
その後、私は、精神科の医師に報告とお礼の言葉を伝えました。

○薄毛や抜け毛に悩んでいるなら
薄毛や抜け毛に悩む人が多くなっていると言われる現代社会ですが、効果的な対策として生活習慣や食生活の見直しが挙げられます。
人は眠っている間にダメージを受けた機能を再生させる能力があると言われており、日常生活の中の頭皮へのダメージも少なくありません。
しかし、睡眠時間をたっぷり取る事でダメージを受けた頭皮は再生が行われるようになるため、夜更かしなどを無くすこと、髪の毛への栄養を与えてくれる食事を摂るようにすることが薄毛対策に効果を持つのです。